小野工業ブログ

今回紹介の映画
「グリーンブック/2018」
ストーリー
人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。アカデミー賞では全5部門でノミネートされ、作品賞のほか脚本賞、助演男優賞を受賞した。(出典:yahoo映画)
監督「ピーター・ファレリー」
これまで古い映画ばかり紹介してきましたが、今回は最新の映画です。
2019年のアカデミー作品賞を受賞したという事で期待して見に行きました。最近のアカデミー賞では「それでも夜は明ける」や「ムーンライト」のように黒人の差別や貧困に関する作品が多く受賞しています。この作品も人種差別に関する重い内容ですが、それを明るく表現しているので、見終わった後とても幸せな気分になれました。アメリカ社会の問題提起としてもエンターテイメントとしても楽しめるおすすめ映画です。