小野工業ブログ

皆さん明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
2019年最初の紹介の映画
「ニューシネマパラダイス/1988」
ストーリー
イタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレによる、映画史に残る至高の名作。イタリアのシチリアを舞台に、少年と映写技師が映画を通して心を通わせていく様を、感動的な音楽と繊細な人物描写で描き出す。映画に魅了された少年トト役を、サルヴァトーレ・カシオが愛くるしい演技で演じきった。年齢を超えた友情や少年時代の夢など、世代や時代を超えた人々に愛される物語に、“映画の魔法”という名の感動が存分につまっている。  (出典:yahoo映画)
監督「ジュゼッペ・トルナトーレ」
名作中の名作なので、私の解説など不要な方も多いと思いますが、まだ見ていない人には是非見ていただきたいハートウォーミングな映画です。ジュゼッペ・トルナトーレはイタリアでは巨匠で多くの名作を作っています。その中でもとくにこの作品は素晴らしいです。おそらく自伝ではないかと想像しています。映画くらいしか娯楽の無いイタリアの田舎町で、少年トトは映画とそれを上映する映画技師のアルフレードから多くの事を学んでいきます。戦争などの時代背景の中で成長し、やがて映画監督となって久しぶりに故郷へ帰ってくるトトが、亡くなったアルフレードの形見のフィルムを見るラストシーンは感動的です。音楽はエンニオ・モリコーネの作品で、小泉元首相がファンだという事で一時日本でもブームになりました。映画に合ったとてもやさしい音楽で、テーマ曲も名曲だと思います。 カップルでの鑑賞をお勧めします。