小野工業ブログ

今回紹介の映画
「女王陛下のお気に入り/2018」
ストーリー
 18世紀初頭、フランスとの戦争下にあるイングランド。女王アンの幼なじみレディ・サラは、病身で気まぐれな女王を動かし絶大な権力を握っていた。そんな中、没落した貴族の娘でサラの従妹にあたるアビゲイルが宮廷に現れ、サラの働きかけもあり、アン女王の侍女として仕えることになる。サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を狙っていた。戦争をめぐる政治的駆け引きが繰り広げられる中、女王のお気に入りになることでチャンスをつかもうとするアビゲイルだったが……。(出典:yahoo映画)
監督「ヨルゴス・ランティモス」
今回も最近の映画です。
アビゲイル役がエマ・ストーンでアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされていたので期待してみました。エマ・ストーンは「バードマン」で初めて見て、印象に残る女優だとは思いましたが、顔が好みではなくそれほど注目していませんでした。しかし「ラ・ラ・ランド」の好演で気になるようになり、今回は作品の内容にも興味をひかれ大変楽しみにしていました。宮廷での人間模様を描いた作品で、ストーリーも面白かったですし、登場人物の顔をアップでとらえて、その微妙な表情の変化で感情を捉えるというカメラワークが良かったです。そして女王約のオリビア・コールマンの演技が圧巻でした。エマ・ストーンも良かったですが、それをはるかに上回る迫力で主演女優賞をとったのも納得が出来ます。あまりにも良かったので2回見ました。久しぶりの大作です。